洗顔石鹸で磨きをかける40代

40代から始めるエイジングケアと洗顔石鹸の関係について

40代の洗顔石鹸

トラブルや老化原因となる乾燥やアンチエイジングを気にかける人たちの間で、洗顔石鹸の人気が高まっています。

固形石鹸よりも洗顔フォームの方が使いやすいというのが一般的な印象だと思いますが、なぜ今、洗顔に石鹸を使う人が増えているのでしょう?

石鹸は無添加で肌に優しいものを!

肌の調子に満足げな女性
ここのところ、洗顔には洗顔フォームではなく石鹸を使うという人が、増えているようで、その理由は洗顔フォームに含まれる化学成分や、強すぎる洗浄力にあります。

肌トラブルの原因になりかねない合成界面活性剤を始め、洗顔フォームには肌への刺激となる成分が色々と含まれているからです。
その点石鹸には防腐剤や着色料、香料などといった余分な成分が入っていないので、肌に優しく必要な皮脂やうるおいまで落としてしまう心配がありません。

洗顔石鹸と普通の石鹸は何が違うの?

洗面台
ただし、石鹸ならどれでも良いというわけではなく、やはり洗顔には専用の石鹸を使ったほうが良いというのは当然で、中でも無添加で美容成分配合のものが肌への負担は少なく更には美容効果も期待できておすすめです。

中には普通の浴用石鹸を使っても、特に問題を感じない肌質の人もいますが、顔は他の部分の肌に比べるとデリケートで、メイクを施したり常に外気にさらされている分、トラブルも起きやすいものです。

普通の石鹸に比べ、洗顔石鹸は洗浄力が穏やかで肌に優しく作られています。
また乾燥を防ぐために天然の保湿成分が配合されていたり、美容成分が含まれているものもあります。

傷つきやすい顔の皮膚を洗う、ということに重点を置いて作られています。
普通の石鹸に比べると価格は少し高めですが、乾燥や刺激から皮膚を守るには洗顔石鹸を選ぶのをおすすめします。

洗顔石鹸を選ぶ際におさえておきたポイント

鍵
40代のエイジングケアに石鹸が向いていると言ってもどんな石鹸を選べば良いのか、迷ってしまうことはありませんか?
どんな点に着目したら、肌に優しく美容効果が上がるものが見つかるのか、毎日使う身近なアイテムだからこそ、慎重に選びたいですね。

ここからスキンケア効果を高める為にチェックしたい肌に優しい洗顔石鹸選びのポイントをご紹介します。

成分表示をしっかりチェックする

石鹸の中でも純石鹸というカテゴリに分類される、石鹸素地だけでできているものが、化学成分などが含まれず洗顔に向いている石鹸です。
ただし、純粋に石鹸素地のみで作られているものは洗浄力が強すぎて、肌には刺激になってしまうこともあります。

洗顔石鹸と分類される石鹸の中でも、洗浄力が弱めで保湿成分などの天然成分が配合されているものがおすすめです。
この際、成分表示をしっかりと確認して選んで下さい。

完全無添加と無添加の違いにも注意が必要です。

無添加と明記されていても、香料や着色料、防腐剤、アルコールなどの成分のどれかが入っている場合があります。
肌トラブルの原因にもなりますので、化学成分の入っていないものを選ぶと良いでしょう。

自分の肌質を知って合うものを選ぶ

同じ洗顔石鹸でも、配合成分や製造方法によって様々な違いがありますので、自分の肌質を考えて、合うものを探すのがポイントです。

  • 洗浄力は強すぎないか?
  • どんな保湿成分や美容成分が配合されているか?
  • 泡立ちや香りの好みはどうか?
  • 価格は自分の予算内かどうか?

などできるだけ確認して選ぶようにしましょう。

洗顔石鹸は、毎日顔に使うものですから、使い心地が良いかどうかはとても大切です。
例えば、成分が良くても香りが苦手なものでしたら、使うたびに小さなストレスを感じることになります。

日常的に使うものだからこそ、こだわりを持って選んで下さい。

洗顔石鹸を正しく使うためには

フェイスタオルで水気をふき取る女性
洗顔石鹸で顔を洗う場合も、他の洗顔料と大きな違いはありませんが、基本を知って正しく使うことが大切です。
普段の洗顔方法を振り返りつつ、ぜひ確認してみて下さい。

洗顔に入る前の準備をしっかりと

忙しくて時間が無いときや、疲れて帰宅したときなど、洗顔はささっと簡単に済ませてしまいたい気分になることもあると思います。
でも、美肌のためにはやはり洗顔は丁寧に行って下さい。

石鹸洗顔は泡立ちを良くして、出来るだけ肌への刺激を減らして行いたいもの。
そのためにも、手はしっかりと洗って汚れを落として下さい。

髪の毛は後ろで縛ったり、ヘアバンドやヘアピンで前髪を止めるなどして、顔にかからないようにしましょう。
すすぎ残しを防ぐためです。

時間や気持ちに余裕があれば、濡らしたタオルをレンジでチンした蒸しタオルを用意して、毛穴を開かせておくとより効果的です。
クレンジングで、あらかじめメイクを落としておくことも忘れずに。

ぬるま湯で優しく洗う。そしてすすぎは十分に!

洗顔に最適なのは、32℃~35℃前後のぬるま湯で、皮脂を落としすぎず必要な汚れを落とすのに効果的とされています。
温度が高いと、肌が乾燥してシワやたるみの原因になってしまいます。

石鹸は洗顔ネットを使ってたっぷりと泡立てますが、このときに水分を含みすぎると泡がゆるくなります。
様子を見ながら少しずつ水分を足して泡立て、泡のクッション効果で摩擦を防いで洗いましょう。

泡は皮脂の多いTゾーンから乗せて、次に頬に、最後に目のまわりや口のまわりを洗います。
丁寧に時間をかけて洗う必要はなく、全体で1分程度で終わらせるようにして下さい。

石鹸成分を長く顔に乗せたままでは、洗浄成分の刺激や摩擦で肌への負担が増えてしまいます。
すすぎ洗いはしっかりと、少しやり過ぎくらいでも大丈夫です。
石鹸成分が肌に少しでも残らないように、充分に洗い流して下さい。

最後にタオルで拭きますが、この時も絶対にこすらずに、顔に押し当てるようにして水分を取って下さい。最近ではタオルの刺激を避けるために、ティッシュで水分を取るという女性も増えていますよ。